2.図記号の見方

シーケンス図は、利用する人が共通に理解するため、共通の記号が定められてています

そこで、日本工業規格で、JIS C 0617「電気用図記号」が定められ、シーケンス図に用いられています。

​ハード図面を理解するためには、シーケンス図に用いる、この図記号を理解する必要があります。

※1)

解説は、JIS C 0617新JIS)で行いますが、実務においてはJIS C 0301(旧JIS)で書かれた図面も多くあります。

そのため、JIS C 0617とJIS C 0301記号を併記しています。

※2)

開閉接点について、JIS C 0617では、メーク接点、ブレイク接点、切換接点と呼称していますが、本講座では、一般的に認知度が高いa接点、b接点、c接点と呼称します。

 

また、シーケンス図は、縦書きと横書きがありますが、後述するPLCのシーケンスプログラムのイメージをしやすくするため、横書きで解説します。

 

 

図2-1 ボールねじの前後動作とそのシーケンス図

​横書き

​縦書き

© 2023 by Success Consulting. Proudly created with Wix.com.