• MiM 水谷機械設計

【電気のお話し】電子回路からのシーケンス制御

最近、お客さんに依頼されて制御関係の新人教育をするとき、「電子回路」も講習内容に入れるようにしています。


ある程度経験をつんだ方で、「シーケンス制御 ≠ 電子制御」って、図式が出来上がっているときがあります。


取り扱いの点では、間違いじゃありません。


しかし、シーケンス制御を定義するなら次のようになります。


「シーケンス制御」

あらかじめ順序通りに動くプログラムを作成し、その順序通りに動作させる制御


そのため、PLC制御もリレー制御もマイコン制御もやっていることは同じという一面もあります。



PLC制御

近年の各種設備。PLCにラダー図を書き込む。


リレー制御

古いリレー盤の設備。電磁リレー等を配線して制御する。


マイコン制御

家電等大量生産されるもので使用。マイコンにプログラムを入れる。


特に、PLC制御では学習するための最低限でも一式そろえると、10万円以上は必要になります。

安価なオールインタイプのPLC(例えば、三菱FX)でも5万円以上して、そこから、制御盤、電磁接触器、開閉器、リレー等をそろえれば、おおよそ10万円以上必要になります。


しかし、電子制御で用いる次のようなパーツは、アマゾンや電気パーツ専門店で安価に売っています。

ばら売りで数十円~、セット売りで500円~くらいです。



ブレッドボード





















抵抗












スイッチ

(左)押ボタンスイッチ (右)スライドスイッチ











ジャンプワイヤー

(上)単線タイプ (下)より線タイプ




















LEDランプ











ブレッドボードははんだ付け不要で、これに機器を差し込んで回路を製作していきます。


電子制御の作法的なものはありますが、自宅で安価に学習できる点ではおすすめしています。

シーケンス制御をより身近に学習していけるように、YouTubeでも紹介しています。

参考ください。


https://youtu.be/z44KxIz4wsY

https://youtu.be/DoOr7QrSzwM



次回からは、YouTubeで紹介した制御回路の製作内容をより詳細に解説していきます。

0回の閲覧

© 2023 by Success Consulting. Proudly created with Wix.com.